多汗症の原因

多汗症の原因その1

みなさんは、普段から汗をかきますか?
年をとると汗をかきにくくなったり、太っていると汗をかきやすくなったり、
汗っかきの人は一年中を通して汗をかいていたりしますよね。
汗は、お化粧も崩れて洋服も濡れますし、放置しておくと臭いも出てしまう
やっかいなものですが、人間が汗をかくのは体温調節のためであり、とても
大事なことなのです。
夏は特に汗をかきやすいと思います。ハンカチでふくのことが間に合わず、
タオルを持ち歩いている人もいらっしゃるでしょう。
夏の暑い日に汗をかく、運動して汗をかくなどは通常のことですが、発汗し
ない環境でありながら、大量に汗をかいてしまう人は多汗症という病気が疑
われます。
手のひらなど、汗をかく場所がいつも決まっている病気は限局性多汗症と呼
びます。手のひらがわかりやすいですが、また、ワキや、足の裏にも大量に
汗をかく人もいます。
多汗症の人の中でも、手のひらから出る発汗は大量です。用紙や雑誌を触っ
ただけで、ページが濡れてしまいます。人と握手すると、べっとりと汗が相

手に湿ってしまいますから、相手にわかってしまうでしょう。
車の運転は、ハンドルが汗でびっしょりと濡れることがあります。電車のつ
り革も、持つと手から汗がしたたり落ちるようです。これは、本人にとって
とても困ったことですよね。
また、対人関係にも臆病になってしまうと思います。手の汗は人に触れると
わかってしまうから、なるべく握手をしないようにしている人もいらっしゃ
るでしょう。
多汗症の原因

多汗症の原因その2

また、ワキの場合は洋服の上からでも見えてしまうので恥ずかしいと思いま
す。
このように精神的に参ってしまうのが多汗症だと思います。
多汗症の原因として昔から考えられていたことは、緊張感ということでした。
緊張しやすい人が多汗症になると考えられていたようです。
ですが、今は、甲状腺機能障害から多汗症が発生することもあります。
なぜなら、多汗症の人は、自宅で何もしていないときも汗をかくらしいです。
現在の研究から「緊張したときに発汗を促す」作用がある「交感神経」が人
より敏感な人が多汗症になると考えられています。
交感神経は自律神経のひとつですよね。新陳代謝を活性化してくれるものが
「交感神経」です。この機能が、通常の人より敏感に働くのです。
交感神経が問題となっている場合、カウンセリングで効果が出るケースもあ
ります。また、心身療法でも効果が見られるケースがあります。
多汗症の人は、汗に対して、恐怖心や不安感を持っています。きっと多汗症
になったことのない人にはわからないほどの不安だと思います。
握手したときに恥ずかしい、洋服が汗で濡れてはずかしい、雑誌が汗で濡れ

るから人前で読めない、など、人前で恥ずかしい思いをしてしまうことに対
して強く不安に感じていますから。
それらをほぐしていくことが治療法のひとつとしてあります。いわゆるメン
タル面の治療ということですね。それから、自律神経を訓練することで、交
感神経と副交感神経を良いバランスに出来る療法も行われています。
多汗症の原因

多汗症の原因その3

また、治療手段として手術もあります。胸腔鏡を用いて、交感神経がブロッ
クされている「胸部交感神経節切除術」をします。
これで、手のひらの発汗は止まりますが、ほかの背中や腹に汗をかくように
なる、代償性多汗の症状が出るケースが多いと言われています。
今はこれらの治療法ですが、多汗症に悩む人が増えている現在、将来的にま
た、治療法が進歩するでしょうから、今後の治療法に期待するところです。
ですから、多汗症の疑いがある方は早めに受診して、少しでも安心したほう
が良いと思います。悩んでばかりいないで、自分に合った治療法をすぐに試
してみると良いでしょう。
また、交感神経以外でも、他の病気が原因で多汗症になっているケースもあ
ります。先ほど申し上げましたように、甲状腺機能亢進症によって多汗症が
発生しているケースがあります。
甲状腺ホルモンが増加してしまう病気ですから、全身性の発汗が見られます。
更年期障害も、多汗症の原因に考えられています。これは、卵巣機能が衰え
ることにより、汗をかいてもすぐに引かない状態になります。
それから、副腎腫瘍も多汗症の原因になるようです。自分は人と比べて汗が

多いことが気になったら受診すると良いでしょう。多汗症に隠れているほか
の病気が見つかるかもしれませんよ。
思春期でしたら成長で治るかもしれませんが、大人で多汗症に悩んでいる人
は、一人で悩んでいないで、病院で相談して、早く治療を始めることで、気
持ちが少しでも楽になると思います。
多汗症の原因

多汗症の種類

一般に多汗症と呼ばれている病気には、分けてみると3 つの種類があります。
まず、全身性多汗症です。文字通り、体中に汗を異常にかく病気です。
これは、ほかの病気が原因で多汗症が起きているケースが多いです。例えば、
肥満だったり、妊娠していたり、仕事で重労働をしていたり、激しく運動を
していたりすると起こりやすいです。
また、糖尿病や、低血糖、甲状腺、機能障害、それから、高血圧、視床下部
の腫瘍や外傷、炎症など、これらが多汗症の原因として考えられます。
そして、二つ目が精神性多汗です。メンタル部分に刺激やストレスがあると、
汗をかく性質があり、それで多汗症となります。
そして、三つ目は味覚性多汗症で、病気のものは少ないと言われています。
どなたでも、辛いものや熱いものを食べたときに汗が出ますよね。ですが、
味覚性多汗症とは、耳下腺の障害や、脳炎、顎部、それから、胸部交感神経
障害などの場合には、普通の人より過剰に汗が出るようになるそうです。
この三つが多汗症の分類と言われています。
では、全身性多汗症とは詳しく言うとどのような病気なのでしょうか?
全身性多汗症とは、背中、胸部、腹部、おしり、大腿部と、ほとんど体全身

にわたって、大量の汗をかく病気です。原因と断定できることが考えにくく、
体質や、生まれつき、と言われています。
また、一部の人は、脳の視床下部にある、体温調節中枢が異常をきたしたこ
とによって、汗を大量にかく症状が現れているケースもあります。
それから、糖尿病などの疾患が、多汗症の原因となって現れるケースもあり
ます。いろいろなケースがあるので、これが原因だと一概には言えないこと
が現状です。
先ほどもご紹介しましたように、肥満の方は多汗症の症状が出やすいですし、
妊娠している方も、重労働をしている方にも、症状が現れるケースが多いで
す。
このようなことから、多汗症が分類されるなかでも、全身性多汗症の症状を
持つ人が割合的に多いと言われています。
また、これ以外にも局所性多汗症と呼ばれている病気があります。多汗症の
方で、多くの方がこの局所性多汗症にお悩みだと思います。
自律神経がバランスを崩し、交感神経の反応が強くなってしまうことが原因
で起こります。局所とは、手のひらや、ワキ下、足の裏、顔、頭部など、場

所が限定され、そこから発汗し、ほとんどが同時に発汗します。
例えば、手のひらで発汗していたとしたら、同時に足の裏やワキでも、発汗
するパターンがあります。同時に、顔や頭から発汗するというパターンもあ
ります。これが、局所性多汗症の特徴です。
また、手のひらで発汗する病気を、手掌(しゅしょう)多汗症と呼びます。
足の裏は、足蹠(そくせき)多汗症、ワキは腋窩(えきか)多汗症と読んで
います。
多汗症という病気はよく耳にすると思いますが、このように種類に分けられ
ること、また、部位によってその病名もあることをご存知ない方も多いと思
います。
多汗症は身近な病気です。知れば知るほど、自分の汗っかきは実は多汗症で
はないかと気が付く方もいらっしゃるかもしれませんね。
多汗症の原因

味覚性多汗症

味覚性多汗症とは、多汗症の中のひとつです。食事をしているときに大量の
汗をかく症状が出ます。
みなさんもそうだと思いますが、辛いものを食べると汗をかきますよね。私
もそうですが、すっぱいものや、辛いものなど、刺激物を摂取していると、
自然に発汗すると思います。
体が温まって、汗が出てきますよね。これは普通の状態です。ですが、味覚
性多汗症の人は辛いものを食べた際の味覚神経が受ける刺激が、人と違うの
です。
詳しく言ってみれば、一定の部位の発汗神経にだけ多くそれが伝わり、多く
の汗が出るというシステムです。その上、味覚性多汗症の症状がひどい方に
なりますと、酸味、辛味の強いものを食べているわけではないのに大量の汗
が出るそうです。
この味覚性多汗症の原因は、どのようなことが考えられるでしょうか?
それは、味覚性発汗、それにさらに緊張した時の精神的刺激が加わり、精神
性発汗もプラスされるということです。そして、大量の汗となります。
また、それは発汗に伴う精神的ストレスにも原因があり、味覚性多汗症の症

状に拍車をかけていると言われています。
過去に、みんなの前で食事をしながら、大量の汗をかき、精神的につらかっ
たことや、恥ずかしい思いをしたことがある、これらがあるとそれが精神的
に追い詰められていることになります。
食事の席、精神的ストレスを受けたことが過去にあると、味覚性多汗症の症
状が、もっと悪化する可能性があります。
多汗症の原因